AI×IoT×ビッグデータ技術 エンジニアの成長ブログ

人工知能(AI)やIoT、ビッグデータ技術に関連する「技術書、Eラーニング、事例、勉強会」などでの学びブログです。

起源図鑑

 

New Scientist 起源図鑑 ビッグバンからへそのゴマまで、ほとんどあらゆることの歴史

New Scientist 起源図鑑 ビッグバンからへそのゴマまで、ほとんどあらゆることの歴史

 

 を読んで、感銘を受けた。

やはり、人間は面白いし、ポストヒューマンは必然だと感じる。

わからない人が多そうだけども。

別に、ターミネーターだろうと進化した結果であれば、その種が存続するのが当たり前感ある。

 起源を理解するならばの前提。

第四次産業革命後、すぐ第五次が来てパラダイムが変わる気がする。

映画を見るAIとか

映画を観るAIとかを作って、ポストヒューマン向け映画を強化学習含め作って、人間には理解できないけど価値があるコンテンツとか作ると、シンギュラリティに近づくかも。

ポストヒューマン (人類進化) - Wikipedia

 

大体は、1万本当以上観てない人が、映画の見方を知っているのかめも怪しい。

AIとIoTの違い

よくAIとIoTの違いを聞かれますので、メモします。

まず、IoTは、モノをインターネット化する技術となるので、センサーを付けたりして、現実世界を捕捉できるようにするもの。

そのデータを活用する時に、ディープラーニング機械学習を使い、故障予想や需要予測などをします。

基本、IoT→AIの順でシステム的には構築するわけです。

 

IoTとは?

IoTとは、何かは意外と難しい。

モノのインターネット化というと曖昧ですので、

純化していうと、モノの状態をセンサー・カメラなどで、デジタルシステムで捕捉できるように(デジタルツイン化)して、

他のオンラインサービスのように解析可能にすることだと感じる。

それができると、機械学習ディープラーニングなどで応用形として推論などもできるし、

ビジネスに影響のある形にしていける。

IT(情報技術)とOT(運用技術)をうまく掛け合わせることが重要。

例えば、コマツのコムトラックスとかが代表的な成功事例。

KOMTRAX - サービス&サポート | コマツ建機販売